運動は毎日の継続が大切です!

体を適度に動かす運動をすることは、健康に良いと良い事が分かっていますが、毎日のように継続出来る体操や運動を心がけることで、腸の働きを活発にさせてあげることができます。

どのようなスポーツが向いているかを考えると、最も簡単で誰にでも行えるのはウォーキングになります。

有酸素運動をしなければ便秘解消に意味はありませんが、ウォーキングを30分から1時間程度続けることで、とても効率良く効果が期待できます。

お腹周りの筋肉を意識しながら歩くことにより、これまで自発的に動く事が少なかった腸が動き出すので、ウォーキングが終わってからすぐにお通じがある人もいます。

できるだけ毎日継続する事で代謝がアップするので、自然に腸が動き出し、辛い便秘に悩まされる事が少なくなります。

負荷をかけすぎず軽い運動をする事!

大きな負荷がかかってしまう運動は継続するのが難しいので、手軽なものを選ぶ事も一つのポイントになります。

ヨガやサイクリングなど、ジンワリと汗をかいて有酸素運動につながるようなものであれば、続けていくうちにしっかりとした効果を実感できるでしょう。

やはりお腹周りの筋肉を意識することで、老廃物を排出しやすい状況を作ってあげることができますから、サイクリングをする際には、背筋を伸ばし、ゆっくり漕いであげると良いです。

ヨガは30分から1時間程度続ける何がおすすめですが、こうした運動の途中では水分補給を行い、体がじんわりと温まり、血行が良くなっていることを実感しながら、一つ一つの動作をしっかり行うようにしましょう。

有酸素運動が交換神経を鎮めてくれる効果があり、ストレス解消にもなり排出機能が高まります。

気が向いた時ではなく、可能な限り継続をすることができるように、無理せず取り組めるものを選ぶようにしてください。

上記のようなものは骨盤を正常な位置に戻してくれる効果もあるので、下半身太りにも有用です。