下剤の怖さを知り服用は最小限に留める!

どうしても便秘がつらい時に、手軽にお通じを呼んでくれる方法の一つに下剤を使うものがあります。

市販されているものや病院で処方されるものがありますが、基本的な働きは同じで、その効果は大きく二つに分けられます。

一つは水分不足に陥っている腸に対し、無理やり水分を送り込むことで排出を促すものになります。

水分補給をしておかないと、脱水や乾燥などの症状に悩まされてしまうこともありますが、固くなった老廃物を柔らかくして出してくれるので、お腹そのものはとてもスッキリします。

しかし急に腹痛が起きてしまうことがあるので、困る場面もあります。

もう一つは腸を薬の力で動かすものになり、グルグル、ゴロゴロといった感覚が出てきた後、お通じがあるものになります。

強い腹痛に苛まれることは少ないものの、長期間の便秘には効果を発揮しにくく、実際に排出されるまで、時間がかかったり、ガスだけが動いて苦しくなる場合があります。

下剤の悪い面・副作用を知っておく!

上記の下剤は、排出を促すための役割を持っているので、少なからず腸内が綺麗になり、楽になることが期待できますが、量を間違えてしまえば酷い下痢になってしまったりすることもあるので、副作用についての説明を受けておくことをオススメします。

出来るだけスッキリと出したい気持ちばかりで倍量を飲んでしまったりすれば、お手洗いからしばらく離れることができなくなってしまうケースさえ考えられます。

どうしても仕方がない時に服用するものであり、毎日長期にわたっての使用や、過剰な服用は避けましょう。

薬にはそれぞれで必ず副作用があり、人により症状の大小は違いますが、前述したように酷い下痢になる事での心配や、無理に腸を動かしてしまうことによる炎症やポリープへの懸念があることも忘れてはいけません。

特に下痢が続いてしまえば、腸の粘膜が切れてしまう、更には痔になってしまう心配もあります。

お腹が苦しくて仕方ない時などには止むを得ず服用することがあっても、常用を避け、他の方法での改善に取り組むようにすることが大切です。

下剤や薬を使うのはどうしてもやむを得ない事情がある場合の一時的な対処療法であり、なんら根本的な治療にはなっていない事を自覚しておいて下さい。