環境が変わると体は順応しにくい!

普段は便が出なくなるようなことがなくても、旅行に出かけると出にくくなってしまったり、日頃から便秘がちで旅行に出かけた際にはさらにひどい症状に悩まされてしまう人もいます。

これはどうしてなのかを考えてみると、まずは環境の変化が一番になるのではないでしょうか。

気温の変化などによって体が順応していなければ当然排出機能が落ちるので、一時的に便が硬くなったり詰まったりすることがあります。

見知らぬ土地で、無意識のうちに気が張っていたり緊張したりストレスを受けている事も原因の1つです。

食事の内容に関しても、日頃自分が好んで食べているものではなく、旅先の名産品を食べたりすることであまりバランスなどを考えない結果、いつもよりひどい便秘になってしまうケースなどがあります。

多めの水分摂取を心がける!

観光名所などを回っている間にほとんど水分を摂取していなかったなどというのも一つの原因とされます。

普段は適当に飲み物を飲んでいる人でも、ついつい観光に夢中になってしまい、喉が渇いたことも意識しないまま数時間を過ごしてしまうことで腸内の水分が足りなくなり、便が硬くなるケースもあります。

夢中になって旅を楽しむのも良いですが、ペットボトルや水筒を持ち歩き適度に飲み物を飲むようにしましょう。

車で長旅に出る場合には、長時間車に座っていることで腸の働きが低下してしまうことがあります。

途中で休憩をとりながら軽くストレッチをしたり、お腹を温めてあげるようにしましょう。

車の中では、エアコンの効き過ぎなどにも注意して、冷え対策を考えておかなくてはなりません。

このような部分に気をつけておくことでお腹が痛くなったり、苦しくなったりすることもなく旅行を楽しむことができるでしょう。

せっかく楽しみにしていた旅行が腹痛などで台無しになってしまわないように、また膨満感により美味しいお食事をとることができなくなってしまうことは避けたいですね。

道中からしっかり飲み物を飲んでおくことや、体が冷えないようにすることを考えるようにしてください。

しっかり対策を練ることで終始楽しむことができます。