便秘には必ず原因がある!

便秘に悩む人が年々増えている状態ですが、私達の体はしっかりとした排出機能が備わっているので、自然に便秘になってしまうようなことはありません。

自分の中ではどんなに知らないうちに症状がひどくなったと思っていても、便秘になったという事は必ず原因があります

まず、老廃物を排出する機能を考えていくと、食事で摂取したものは胃や腸で消化されますが、ここで体に必要なものが吸収されていきます。

体内で使われることがなく、要らないものだと判断された場合は腸の働きによって体の下に出て行くような仕組みとなっています。

しかし、何らかの原因があり腸の働きが低下してしまうことが、主な便秘の原因です。

これには本当に様々な理由が考えられていて、代表的なものは体内の代謝の低下となります。

ダイエットをしていて、必要な栄養素が取り込まれていない場合などには、代謝が悪くなるので不要なものを体の外に押し出す働きも悪くなってしまいます。

ストレスも便秘の大きな原因

精神的なストレスを抱えていると、気がつかないところで体には大きな負担がかかってしまいます。

その結果ホルモンバランスが変わってしまったりすることで免疫力や内臓の働きが低下してしまい、腸内の善玉菌が少なくなります。

私たちの腸内には悪玉菌も存在していますが、ストレスを感じると活性酸素の働きで悪玉菌がどんどん増殖し、善玉菌の働きを妨げてしまいます。

こうなれば当然腸はしっかりと動くことができなくなってしまうので結果的に便秘になります。

足元をはじめとした冷え性によって体の中が冷えてしまうと血行が悪くなり、臓器の働きが低下するため、これも便秘の要因となります。

このように少し考えてみただけでも便秘になってしまう原因として要因はたくさんあるので、できる限り冷えないように気をつけて、便秘の引き金を引いてしまわないように気をつけましょう。

特にストレスや体が冷えることに関しては対策をしているつもりでも、しっかりとした効果を発揮していない場合があります。

冬場の寒さによるものだけではなく、夏場のエアコンによる症状や、知らず知らず悩みを抱えている間のストレスにも気をつけなくてはなりません。

ストレスというのは甘く考えがちですが、便秘以外にも更年期障害などの原因になるなど実は深刻な問題です。